自由業の人でも仕事をするうえではきちんとした名刺が不可欠

名刺

自由業でも名刺は業者に頼むべき

名刺を作ってほしい!低コストで名刺を作成したい!そんな方にアドプリントで作成することをお勧めします!名刺の用紙の種類も多く、早い対応を行ってくれるので、おすすめです!

会社勤めの人の場合、勿論会社の指示の元自分の名刺を作るものです。はっきりと言えば、社会人になって最初にする仕事が名刺の制作の依頼と言ってもいでしょう。しかし昨今では、自由業の人も増えてきました。自由業者の場合も、名刺が必要になるシーンが無いとは言えません。では自由業に携わる人も、名刺は業者に頼むべきでしょうか。
自由業と言っても、完全に他人に関わらない仕事と言うのはあまり多くはありません。そして誰かと仕事の関係で会った場合、必要になるのが名刺です。今の日本では、最初の顔合わせで名刺交換が当たり前ですので、ここはひとつは作っておくべきでしょう。会社勤めの人の場合は、その会社なりの規格と言うのがありますから、勿論それに従うわけです。しかし自由業者の場合、乱暴な言い方をすれば自作の名刺でも構わないと言えなくはありません。実際名刺ソフトなどもありますから、作ることは不可能ではありません。
しかしここは、あくまで大人になってしっかりとした業者に仕事用にベーシックな名刺を作ってもらいましょう。名刺は本物の身分証明ではありませんが、その造りなどである程度の持ち主の人柄を表します。仕事用の名刺は仕事用にしっかりとした名刺を作っておくことが、次の仕事への伏線にもなります。遊びは遊び、仕事は仕事としっかりと区分けしておきましょう。

バランスを考えた名刺印刷

見やすくて好感度の高い「名刺」はレイアウトが要となります。どこに会社名、名前、マークを入れるのか、全体のバランスを考えて印刷すると良いでしょう。名刺はパンフレットと違って小さなスペースをうまく利用しなければなりません。文字を大きくしすぎてしまうと、会社名や住所、アドレスを入れてごちゃごちゃした感じに仕上がってしまうこともあります。自分の名前は文字を大きく、住所やアドレスは小さく入れましょう。ただ文字の大きさにばらつきがあると美しくありません。多くても3種類までにしておきましょう。
文字のかたちは丸みを帯びていると、やわらかくかわいらしい感じになります。逆に角ばっているとクールでスタイリッシュな感じです。企業が販売しているもの、おこなっている業務内容のイメージに合わせて選択すると良いでしょう。角ばっている文字と丸みを帯びている文字がミックスされているとちぐはぐな感じがしてまとまりがありません。必ずどちらかにまとめましょう。
余白があるからこそ、見やすくて美しい名刺が仕上がります。余分なスペースと考えずに、うまく使いましょう。余白を文字の引き立て役と考えることで、美しいデザインが完成するのです。

名刺印刷で出来ることはこんなにもあります

名刺印刷を業者に発注する理由の多くは安く大量生産してもらえることですが、今お使いの名刺をちょっと変えるだけで様々なシチュエーションに対応できるメリットもあります。渡す相手によってはひとつのロットだけでは対応できない事態がやってくることは珍しくないのです。一例として、海外で使われているものは日本国内より小さめのサイズとなっていますから、そうした人に合わせて海外仕様の名刺印刷で備えておけばもしものときに役立ちます。
サイズの変更の他には用紙にこだわった名刺印刷で密かに違いを見せ付けることができます。気品さを感じさせる目立ちすぎない光沢や、その場で書き込むときにペンのりのいいケント紙などたくさんありますがどれを使ってもそれぞれに良い点を持つため、名刺を使うときに多い場面を頭の中で考えながら選びましょう。デザイン面を重視して革新的な名刺印刷をしたいのでしたらフルカラーにすればただのありふれた名刺から脱却してアートの域に迫るようなものも作ることが可能です。
気になるお値段は100部から受け付けているところが多く、少ないロットなら送料込みでも1000円に満たない料金を提示している良心的価格の業者がすぐ見つかります。名刺印刷の注文受付からの納期を1日単位で選べる業者もあり、納期の早さを重視して普通に注文するか安さも考えて一週間後にするかといった嬉しいサービスが豊富です。